腕や肩のシミ

腕や肩のシミについて

しみは顔だけではなく腕や肩をはじめ、胸や背中など場所を選ばず全身にできる可能性があります。顔以外の部位に対しても、きちんと紫外線対策をしてお肌を保護する必要があります。

腕や肩にできたシミを消すには?

お肌にしみができてしまう主な原因には、紫外線を浴びすぎてしまったりお肌のトラブルなどの炎症があります。
紫外線や炎症により、お肌の色素のもとであるメラノサイトが活性化することでたくさんのメラニン色素ができてしまい、お肌の表面に褐色となって現れるのです。

 

顔のスキンケアは行なっているけれど顔以外のスキンケアはに対しては、特に何もしていないという人もいるかもしれません。

 

しみは、顔だけではなく腕や肩をはじめ、胸や背中など場所を選ばず全身にできる可能性がありますので顔以外の部位に対しても、きちんと紫外線対策をしてお肌を保護する必要があります。

 

気をつけていても、腕や肩などにシミができてしまうこともあると思います。シミを除去する方法には、レーザー光線でシミを消し去る方法やピーリングと呼ばれる薬剤などでシミを含めた皮膚ごと剥がしてしまう方法のほか脱色作用のある塗り薬を塗ることで、シミを消していく方法があります。

 

また、顔のシミでも効果があるハイドロキノン配合の美容液を腕や肩にも使用することでシミを消していくことができます。
お顔の美白対策をしたついでに、腕や肩、手の甲などシミができやすい部分も一緒にケアしていくとよいでしょう。

 

シミ治療中のお肌は敏感になりやすいので、紫外線対策はもちろんたっぷりと保湿をして、これまで以上にお肌を保護することを心がけることが大切となります。

 

また、このような最先端の技術によって、お肌の治療をするという方法もありますが、日々の食生活を改善することも大切だといます。

 

お肌のシミには、ビタミンCが効果的とされておりますがそれだけを摂っても効果はありません。ビタミンAやビタミンE、亜鉛、カルシウムなどの栄養素を合わせて摂ることで、ビタミンCが体内に吸収されやすいと言われております。

 

通常の食事だけで、栄養素を賄うのは至難の業ですので栄養補助食品やサプリメントを利用して補い、顔だけではなく腕や肩などの部位のスキンケアも徹底することがしみを消し去る早道かもしれませんね。


 
Copyright (C) 2010 顔のシミやくすみを消すメイクについて All Rights Reserved.