シミ治療について

シミ治療にはどのようなものがありますか?

シミの治療には様々な方法がありますが、代表的な方法としては、レーザー治療、フォトフェイシャル、ケミカルピーリング、外用薬、ビタミンCイオン導入が挙げられます。

シミ治療にはどのようなものがありますか?

シミの治療には様々な方法がありますが代表的な方法としてはレーザー治療、フォトフェイシャル、ケミカルピーリング、外用薬、ビタミンCイオン導入が挙げられます。

 

レーザー治療はシミ治療の中ではポピュラーな治療方法のひとつで、シミのもとであるメラニンに反応するレーザー光線をあてて皮膚の深層部にある異常なメラニン色素のみを焼くことで除去する治療方法となります。

 

レーザー治療と似ているものでフォトフェイシャルという治療方法もあります。

 

フォトフェイシャルはレーザー治療が単一の波長のレーザーであるのに対し、幅のある波長となっているのでよりお肌へのダメージを軽減することが可能となります。
メラニンを除去するだけではなく、コラーゲンの生成を活性化させるという嬉しい効果が期待できます。

 

また、ケミカルピーリングという治療法もあります。
ピーリング剤である酸をシミのある皮膚に塗ることで、古い角質層を取り除き、お肌の代謝を高めて新しい皮膚を作り出すことを促す治療方法です。

 

シミの範囲や種類、シミの状態などによって使用するピーリング剤や治療するお肌の深さなどが変わってきます。

 

ケミカルピーリングも、皮膚科などの専門医によって行なわれる治療方法です。

 

ほかにも外用薬を使用する治療方法があります。
代表的な外用薬には、ハイドロキノン、トレチノインがあります。

 

ハイドロキノンは美白の特効薬、お肌の漂白剤という別名を持つ成分で、シミの素であるメラニン色素を作り出す酵素の働きを弱めるだけではなくメラニン色素を作り出すメラノサイトという細胞数を減らす作用があります。
シミを薄くして、シミ予防の効果があります。

 

 

トレチノインはお肌のピーリング効果とターンオーバーの活性化を促す作用がありハイドロキノンと併用することでさらに効果を期待できます。

 

その他には、ビタミンCをお肌に浸透させるビタミンCイオン導入があります。
ビタミンCのイオン導入はシミを薄くさせるだけではなく、ニキビ改善や毛穴を見た目に目立たなくわかりにくくさせるなど他のお肌のトラブルに対しても有効な作用があります。

 


 
Copyright (C) 2010 顔のシミやくすみを消すメイクについて All Rights Reserved.