しみそばかすを消す美白成分

しみそばかすを消す美白成分はどれ?

シミやソバカスの原因であるメラニン色素を作り出す細胞であるメラノサイトを減らす働きがあり、
しみやシワの原因のチロシナーゼの働きの抑制もします。

しみそばかすを消す美白成分はどれ?

しみそばかすを消すには「ハイドロキノン」という美白成分がオススメです。

 

ハイドロキノンは、お肌の漂白剤とも呼ばれるほど非常に高い美白効果が期待でき、ビタミンCの約100倍の美白効果があります。

 

ハイドロキノンはもともと医療用として使用されており、シミやソバカスの原因であるメラニン色素を作り出す細胞であるメラノサイトを減らす働きもありしみやシワの原因のチロシナーゼの働きの抑制もします。

 

従来、しみやソバカスの対策と言えばビタミンCのメラニン色素生成の抑制力を利用するものが一般的ででした。
しみやソバカスが発生することは防げても、既にできたシミやそばかすに対しては、あまり効果が期待できませんでした。

 

ハイドロキノンは、ビタミンCが持つメラニン色素が作り出されるのを防ぎ、しみそばかすができるのを防ぐ働きに加えて、シミやソバカス自体を薄くしていくという優れた美白効果があります。

 

このように、ハイドロキノンには嬉しい美白効果がありますが副作用が現れる可能性もあります。

 

主な副作用としてはお肌のかぶれ、赤み、ヒリヒリ感やアレルギー症状などが報告されているようです。

 

一般的にハイドロキノンの濃度は5%を超えなければ副作用の心配はないといわれ、市販されている化粧品等には副作用が起こらない程度のハイドロキノンが配合されていますので、信頼できる化粧品メーカーの製品なら特に心配はないと思います。


 
Copyright (C) 2010 顔のシミやくすみを消すメイクについて All Rights Reserved.