虫さされの跡のシミ

虫さされの跡のシミについて

虫さされの跡がシミとなってしまったという経験がある人も多いのではないでしょうか。そもそも、虫さされの跡が残ってしまう理由には・・・

虫さされ跡のシミ

虫さされの跡がシミとなってしまったという経験がある人も多いのではないでしょうか。

 

そもそも虫さされの跡が残ってしまう理由には、虫さされによる痒みを我慢できずに爪などで掻いてしまうことで患部に細菌が入り、症状が悪化して二次感染を起こしてしまうことが挙げられます。

 

二次感染を引き起こしてしまうと、患部が治ったとしても虫さされの跡がシミとなって残りやすくなります。

 

虫さされの直後に正しいケアをすることでシミなどのお肌のトラブルを防ぐことができます。

 

虫さされの正しい対処方法としては、水を使える環境に居る場合はすぐに冷水で虫にさされてしまった患部を洗い流すことで毒素を排出させることができ、痒みを和らげることができます。

 

ステロイド剤が含まれたテープなどがあればベストですが、なかなか普段から持ち歩いている人はいないと思います。
清潔なハンカチなどを巻いて、患部に直接触れないようにして、その日のうちにきちんと消毒をすることが大切です。

 

このように虫さされ直後に正しいケアをすることで、比較的シミとなって跡が残りにくくなるはずです。

 

虫さされは日常的に起こり得ることなので軽視しがちですが、お肌にとっては大きなダメージとなります。

 

山や川、海など虫にさされる可能性が高いところに訪れる時には、露出を控えた服装を心がけて虫除けスプレーなどを利用することをオススメします。


 
Copyright (C) 2010 顔のシミやくすみを消すメイクについて All Rights Reserved.