メラニン色素について

メラニン色素を作らないようにするために

メラニン色素を作られないようにするためには、日頃から、日焼け止めクリームを塗り、しっかりとUVケアをして、紫外線からお肌を守る必要があります。

メラニン色素を作らないようにするために

メラニン色素は皮膚の細胞が紫外線に反応して作られると言われています。

 

メラニン色素を作られないようにするためには、日頃から日焼け止めクリームを塗りしっかりとUVケアをして紫外線からお肌を守る必要があります。

 

紫外線は、夏の日差しが強い日だけではなく一年を通して存在するものであり、曇りや雨など天候が悪い日などでも季節や天候に拘わらず、きちんと紫外線対策をすることが大切となってきます。

 

また、屋内にいても窓から紫外線は入り込んできますので、油断をせず日焼け対策をしてください。

 

ただ、日頃から紫外線対策をしているのに、あまり効果を感じられないという人も中にはいると思います。
心当たりのある人はもしかしたら、目からの紫外線が影響している可能性があります。

 

お肌のケアはしているけれど、目に関しては無防備な人は多いのではないでしょうか。

 

瞳も紫外線を浴びると角膜や水晶体などにダメージを与えてしまいます。
近年では、角膜が紫外線を吸収することで、脳から全身の皮膚にメラニン色素の生成を促す指令が送られることが判明しているそうです。

 

ですから、目をサングラスや帽子などで紫外線から守ることで目のトラブルを防ぐだけではなく、メラニン色素を作られることを防ぐことができるのです。

 

お肌だけではなく、目に対しての紫外線対策をきちんとしてメラニン色素が作られ過ぎるのを防いでお肌のトラブルを回避してください。

 

 

 


 
Copyright (C) 2010 顔のシミやくすみを消すメイクについて All Rights Reserved.