かんぱんかな

かんぱんかな?っと思ったら・・

肝斑(かんぱん)は、左右対称にほほ骨のあたりにもやもやっと広がってできることが多い特徴があります。個人差があり、鼻や口のまわりに出ることもあります。

かんぱんかな?っと思ったら・・

肝斑(かんぱん)は、左右対称にほほ骨のあたりにもやもやっと広がってできることが多い特徴があります。個人差があり、鼻や口のまわりに出ることもあります。

 

もし、肝斑かな?と思ったら左右対称にできているか、輪郭がぼやけたもやもやしたシミかどうかをチェックしてみましょう。

 

肝斑は妊娠、ピルの服用、更年期など女性ホルモンのバランスが影響していると考えられています。心当たりはありませんか?

 

肝斑は皮膚科や美容皮膚科で治療できます。レーザー治療では悪化させてしまうので、どのタイプのシミがしっかり見極めができる専門医に診てもらいましょう。

 

肝斑はな美白化粧品の効果が現れやすいシミです。
ビタミンC誘導体やハイドロキノンなど美白成分が配合された外用薬と、トラネキサム酸の内服薬の併用で効果が現われるそうです。


 
Copyright (C) 2010 顔のシミやくすみを消すメイクについて All Rights Reserved.